プライベートの時間を確保するために

看護師の仕事の不満として多く挙がるのがプライベートの時間が持てないということ。残業、休日出勤、夜勤に対して納得できない気持ちを持っている人がたくさんいるようです。特に不規則な残業があることで、勤務日の夜に予定を入れることが難しいという実情もあるようです。

プライベートの時間がとれないのは、その職場を選んだ自分自身にも責任があります。看護師の場合、仕事先を選べる状況があるため、転職をする覚悟ができれば生活スタイルの改善を見込める可能性は出てきます。少しでも環境の良い場所に移りたいのなら、転職先の勤務条件をよく吟味して決めることが大切です。

プライベートな時間を持つために、平均残業時間や年間休日数、有給消化率などの詳細な勤務状況についての情報を比較して選ぶことが欠かせません。掲載されていない求人広告も多いことから、候補となる仕事先ごとにしっかりと調べなければなりません。求人票だけで判断するのは大変危険なので、もし気になる病院があれば情報収集に時間をかけなければなりません。

しっかり転職の下準備を行うことによって、本当に残業がほとんどない現場で働けるようになったり、休日を自由に取ることができるようになったり、夜勤をなくしたりすることが可能になります。プライベートの時間を確保できるかどうかは勤務条件と現場の実態次第であり、転職に際しては時間を惜しまずに比較を行っていくことが大切です。生活と仕事にメリハリをつけて、快適に働ける環境をつくりましょう。