労働環境は変わっていくもの

仕事場で不満を募らせてしまうことはよくあることであり、その原因となりやすいのが人間関係です。上司や先輩との関係がうまく作れなかったり、同期との付き合いが下手だったり、後輩が優秀すぎて滅入ってしまったりということは珍しいことではありません。

特に新人の場合には既存のネットワークの中に入っていくことが難しいということがよくあります。その不満を我慢できずに仕事を辞めたいと考えても、収入が途絶えてしまうことや、自分に原因がないのに辞めることとプライドとのバランスなどが原因になって切り出せず、覚悟が決まらないままに何年も過ごしてしまうこともよくあることです。

転職しようと思っても活動を始められないまま、我慢の日々を過ごしていく人も意外に多く、それが功を奏する場合もあります。環境を変えるきっかけをくれるのが人事異動です。もし人事異動がない職場でも、退職者や入職者の入れ替わりで環境は刻々と変化するものです。人事異動が繰り返された結果として職場環境も変化していき、以前に比べて過ごしやすい環境になるというのも珍しくありません。自分がやさしく新人に接してきた結果として、新しい世代が自分の味方になるという状況も作れます。

転職の覚悟ができずにダラダラと続けてしまった結果として、同じ職場でも頑張れるという状況が生まれるかもしれないのです。常に環境は変化していくものなので、もし最初に馴染めなかったとしても少し辛抱してみることが大切だといえます。